サンパウロ ストリートで根を張る生き方

ブラジルのサンパウロ

 

 

なんとなしにつけて見ていたテレビで面白いシーンが

 

 

 

ブラジルのサンパウロの街歩きがテーマでした。

 

 

街のちょっとした広場

 

 

それほど広くないスペースに

 

 

小さいゴール(みたいなもの)をおいて

 

 

4、5人くらいの

 

少年たちがサッカーボールを蹴っている

 

 

驚いたのは、シューズが片方しかない

 

 

役所からようやくもらった一足を

 

 

履きながら、ボールを蹴る。

 

 

「慣れれば平気だよ」と楽しそうな子供

 

 

 

サンパウロには、ビジネスビルが立ち並ぶ景色もある

 

 

夜に成ると、仕事を終えたビジネスマンが

 

ぞろぞろと動いている

 

お酒を飲んだり

 

転職する社員のお別れ会をやったり

 

日本でもよく見る景色だった。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一方では

 

 

 

 

国技であるサッカーをするときに、

 

 

蹴るための靴が、じゅうぶんにない。

 

 

服を着ていない子がいる。

 

 

 

 

 

また、街の公園では

 

 

押し車を押している男性。

 

 

押し車は、なんと移動図書館

 

 

 

 

彼は、元ホームレス

 

外国からサンパウロにやってきたのだが

 

旅券まるまる強盗にあい、帰る事ができなくなった。

 

 

その後、彼はサンパウロに根をはらざるを得なくなり

 

生きる。

 

そしてストリートの住人になった。

 

 

 

彼は本を読み、学び、身をたてる事ができるようになった。

 

 

 

そして、その男性の隣に、ひとりの少年が。

 

 

 

彼も移動図書館で一緒に働いている。

 

 

 

少年犯罪から抜け出して、ここに来たという。

 

 

 

 

今のお気に入りの、本は法律関係のものという。

 

 

 

 

将来は、弁護士になりたいと言うその目は

 

 

静かながら力強いものを宿していた。

 

 

 

 

 

 

 

この映画を少し思い出す。

 

 

 

観賞後も引きづる、強烈なインパク

 

ブラジルの側面を見る

 

 

 

 

 

 

荒れたストリートはこのBSテレビには

うつらなかったが

 

 

 

 

服や、靴を子供に

 

十分に買い与えることができない経済状況

 

 

 

公園にいくと、根付くようにストリートに生きるひとびとが居る。

 

 

 

 

格差は、どの世界にもある。

 

 

 

移動図書館を営む男性も過去はストリートにすんでいたが、身をたてた。

 

 

働く

 

仕事をする

 

その手だてが、足りてないんじゃないのか

 

 

 

シルクスクリーンをもっていって

 

Tシャツを自分たちの手でつくる

 

 

事を、その技術を伝えたら面白そう

 

「そこで好きに表現する」

ことにかけては、ストリートでいきる人のほうが

乗せ方がうまかったりする。

 

 

 

 

サッカーも、それは同じで

 

 

乗せ方

がうまい人は、部活や規則性ばかりのところの

脇道に居たりする事が多い

 

 

 

 

 

 

身を立てる術を

 

 

少年たちが身につけることで

 

 

犯罪やストリートのトラブルに巻き込まれない

 

 

 

一つの武器を身につける事

 

 

 

 

 

サンパウロの街並み、人々を見ていると

ウェアを持っていきたくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サークルマリアーCIRCLE MARIAー

FOOTNINJA サークルマリア

 

f:id:ftnj:20170801205307j:plain

 

 

マリアがサッカーボールに祈りを捧げているデザイン

 

ドリブルでDFを切り裂いて置き去りにした後に

 

追う背中には、このマリアが居る。

 

 

 

 

バックプリントで、圧倒的インパクト抜群の一着です。

 

 

 

 

 

 

こちらは、

ブラインドサッカーチーム松戸乃木坂ユナイテッド

のチームカラーで作成させていただいたもの

 

f:id:ftnj:20170801210016p:plain

f:id:ftnj:20170801210039p:plain

 

それぞれのチームカラーで

作成されるのも、とってもおススメです。

 

 

愛着あるカラーで、インパクトあるウェアを作る。

市販でなんとなくセール品を買うよりも何よりも楽しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

赤がチームカラーの人には

f:id:ftnj:20170801210456p:plain

こちらを。

 

 

 

 

 

 

 

王道のパーカーコーデも、f:id:ftnj:20170801211131j:plain

夏には無理でも、、笑

秋冬春にはもってこいのファッションアイテムを使っても良し。

 

 

デニムパーカーも昨年は作成しました。

f:id:ftnj:20170801211838j:plain

 

肌さわり、着心地がとても良いです。

ヘビロテ確定の一着ができました。

 

 

 

しかし、今は夏。

 

 

サンサン照りつける太陽のもとで着たいのは、Tシャツ。

 

ぜひ普段のファッションにも

 

綿Tシャツよりも

 

ポリエステル素材のスポーツタイプのTシャツを

 

取り入れると、少し「涼」を享受することができて

 

おススメです。

 

f:id:ftnj:20170726230826p:plain

SUMMER GIFT 4 U

夏特典!!

 

・ウェア購入時ステッカー小物の特典

・割引30%OFF

が主です

 

有効期限は、

あなたの体感温度夏が終わるまでです🍉

だいたい9月には涼しくなる見込みです(当社比

https://twitter.com/footninjajp

 

ダイレクトメッセージなど

連絡ツールから画像提示して

 

ご利用ください^^

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ぜひこちらをつけて、夏を楽しむ

決め手の一着にしてください。

 

FOOTNINJAのウェアアパレルが手に入るWebshopはこちら↓

footninja.theshop.jp

 

フットボールライフバランス

フットボールワークバランス

 

ふと湧いてきた造語

 

フットボールを「仕事」として成り立たせている人は

中高とサッカーを続けてきた中でも、ほぼ居ない。

 

 

プロへの階段はさらに狭き門であり

 

その門を通らずに、サッカー関係の仕事に

 

就いていった人も少なく

 

サッカー自体辞めてしまう人は多い。

なんとなく心に引っかかる

 

 

 

 

 

 

 

プロの門をくぐれても

Jリーグの平均引退年齢は25歳。

http://biz-journal.jp/2016/07/post_16084.html

 

j1より下のカテゴリでは

月20万ほど

 

 

同年代のサラリーマンと同じくらいの額だろうか。

 

 

 

やはり引っかかる。

 

 

 

テレビに映る「サッカー選手」はほんの一部分。

 

 

 

 

 

どんな道を模索していけばいいのだろうか。

 

 

 

 

働きながら、ボールを蹴る

 

誰もが(あらゆる人が)続けていくには、これがベターだと思いますが

 

これはこれで大変なことが多いです。

 

全くフットボールと関さない仕事、その後の時間で

ボールを蹴る。

 

 

 

Fリーグもプロ契約はまだまだの世界。

https://ameblo.jp/futsalplactice/

 

 

 

しかし、

 

先は遠くても

 

地道に積み重ねていく努力は、

 

代え難いものになっていくと思っています。

 

 

 

FOOTNINJAもそんな中で

 

ゼロから始まる

 

モノ作りをやっていきます。

 

 

 

世界にはまだ蹴る服がない僻地がある。。

 

のであれば、どうすればそこに届けられるか?

 

そういった事も考えながら

 

 

 

 

 

フットボールライフバランス」

 

人ぞれぞれのスタイル、それぞれのフットボールへの時間の使い方

 

 

それを肯定するウェアアパレルを作っていきます。

 

 

 

 

 

FOOTNINJA

 

サッカー、フットサルをベースに

ウェアアパレルを展開

多様な活動家、フットボーラーを肯定できるような

ブランドを目指しています。

 

-----------------------------------------------------------------

新着ウェア

オフサイドトラップ

 

 

⚠️フォワードの皆様や、裏へのロングフィードを狙われるMFの方は、ご注意あれ

ウェブショップ→ footninja.theshop.jp

-----------------------------------------------------------------

SUMMER GIFT 4 U

夏特典!!

 

 

 

・ウェア購入時ステッカー小物の特典

・割引30%OFF

が主です

 

有効期限は、

あなたの体感温度夏が終わるまでです🍉

だいたい9月には涼しくなる見込みです(当社比

https://twitter.com/footninjajp

 

ダイレクトメッセージなど

連絡ツールから画像提示して

 

ご利用ください^^

 

 

 

 

END

SUMMER GIFT 4 U

f:id:ftnj:20170726230826p:plain

 

[SUMMER GIFT 4 U]

 

 

FOOTNINJAアイテムが手に入る

リミテッドパス

発行のお知らせです。

 

 

用途は、問い合わせいただいたら

対応させていただきますが

 

・ウェア購入時ステッカー小物の特典

・割引

が主です

 

有効期限は、

あなたの体感温度夏が終わるまでです🍉

だいたい9月には涼しくなる見込みです(当社比

twitter.com

 

twitterのダイレクトメッセージなど

連絡ツールから画像提示して

 

ご利用ください^^

 

ウェイトトレーニングを肯定するサッカーへ


華やかなスキル、パフォーマンスとスター選手は
隣人や子供にフットボールという表現方法で、夢をみせてくれます。


試合中、オフザボールでの動きが多くなるなか
ボールを持つとキラリと光る彼ら


その下地に、普段見えない部分
パーソナルなトレーニングが積み重ねられている

 

 


トレーニングというと
サッカーだとボールを使ったチーム練習
が先行しますが

 

セルヒオラモスも

www.youtube.com

 

クリロナ

 

www.youtube.com

フィジカルトレーニング
ウェイトトレーニングの基礎的な事をしっかりと
やっている。


日本だとウェイトをやると
・背が伸びなくなる
・重くなってスピードがおちる

など、なぜかネガティブな言葉が転がっていることがあります。


しかし、実際に
強いフィジカル持ちで戦っている選手が出している結果は?

 

海のむこうにいる選手と島国では
ナショナルマッチで見ると、身体のつくりが違うのが分かると思います。


・食生活(タンパク質が多い
ウェイトトレーニング



この二つでエグいほどの差が
身体という資本、
つまりフットボールをやるうえでのベースの段階で
できてしまっている

 

逆に、これを意識することから
マチュアレベルからの意識改革→肉体改革

その心技体から織り成すフットボール


どちらか選ぶなら、
そっち側のフットボールを見てみたいし、体感してみたい

 

 

 

f:id:ftnj:20170724221818p:plain


そろそろ、そろそろ欲しいところ。

天皇杯いわきFCは、どこまでいきますかね

オフサイド・トラップ仕掛けました

フォワードは、夢中にボールを追いかける。

ゴールを奪うという目的のそのために、与えられた90分の中で。
もしくは途中出場で、出場時間はわずか10分かもしれない。
3分かもしれない。


今は後半35分くらい

0−0で拮抗している試合。

ファンブルしたボールを奪取したボランチが、前線のフォワードにロングパスを蹴り込む。

走りかけていたフォワードが、その走りに更に力を入れる。


斜めに切れ込み、シュートモーションに入る。

重心を変えて踏み込むと、スパイクのピンによって
芝生が方々に飛び散る。

振り抜かれた右足が、ボールに触れると

瞬く間に鋭い弾道になって、その場から消える。

弾道のいく先に、揺れるゴールネット。

ホイッスルのけたたましい音が割れる声援と混じり、スタジアムで燃える。


シュートをネットにつきさしたフォワードに、チームメイトが寄ってくる。

もう一度ホイッスルが鳴っている。

歓喜の輪が、一瞬固まる。


副審が、右手を高く高くあげている。

それを観て、歓喜の輪は崩れ去り、主審のもとに詰め寄る。

観客は遅れて状況を理解して、ブーイングをするもの

拍手をして喜ぶものに分かれた。

 


ハマったのだ、あの恐ろしきオフサイドトラップに。


絶妙なディフェンスラインの調整により、前線で孤立していたフォワードが
絶妙なハマり方をした。


それが巧妙なディフェンスのプロフェッショナルの技


ディフェンスはハイタッチをして、してやったりだ。

残り10分、ここから流れは一気に
変わり、長い長い試合の結末が訪れた。

 

f:id:ftnj:20170717234553p:plain


オフサイドトラップ


君もいつの間にか、かけられているかもしれない。。


それは音もなく唐突にやってくる。

 

→罠

footninja.theshop.jp

f:id:ftnj:20170717234609p:plain

白のみbaseに表示されたみたいです//

宗教とかを超えていく瞬間

インドネシアのサッカーリーグで話題になっていたこの画像
遅ればせながら、オルタナティブなフェイズだったのでpickup

f:id:ftnj:20170713214028p:plain

 

バリユナイテッドの選手三人のゴールパフォーマンスが
三種三様で面白い。

と思っていたら、宗教の違いを表す写真でもあるんです。

イスラム・ヒンドウー・キリスト
それぞれの歓喜の感情の表し方

宗教からなる人間性が異なっていても、同じフットボーラー
ひとつのチーム、違っていても一つ。という国の一面を表現していると話題になった

そんな

スーパーリーグ

インドネシアのサッカーリーグ。

そして、さっそく驚き。
リーグ自体が3年間、休止していた。
内紛が主な原因のようで、政府からの休止措置があったと。
それがようやく再会のめどが立ち、3年ぶりに開幕に至ったという。

 

3年ぶり再開へ 18チームで3月下旬開幕 サッカー国内リーグISL | じゃかるた新聞 インドネシアの日刊邦字新聞


>運営会社リーガ・インドネシアが担っていたが、新会社グロラ・トリスラ・セメスタを設立し新たに運営を担わせる。
会社が入れ替わり、規約も若手を毎試合起用させるようなシステムを再構築。

 

 

 

バリ
インドネシアというと、日本人がバケーションで訪れる選択肢にあがってくる「バリ」
をイメージする事が多いです。


そのバリにあるみたいですサッカーチーム


バリ・ユナイテッド

f:id:ftnj:20170713213844j:plain

Bali United Official Website

デザインかっこいい。

スポンサーを見てみると、様々な企業があり

 

 

GO-JECK
非上場のベンチャー企業
バイクタクシーサービスを展開する。

f:id:ftnj:20170713213912p:plain


今、多いみたいですこの緑のヘルメット

バイクタクシーのみならず、
GO-FOODというサービスも展開。
デリバリーもしてくれる。
徐々になんでも屋に近づいていっているのか
というくらい手広く展開している。


BANK INA
銀行


などなど。


かつてジェフ千葉に居た能登正人選手など、日本人も数人インドネシアスーパーリーグの地に居るみたいです

 

 

新興国ならではの、起こりうるトラブルを乗り越えて
積み重ねて、改変していくこれからの動向が楽しみなインドネシアサッカー。

人種差別問題とか体罰とか
日本でホットトピックになりがちな話題もあれば、こういった宗教を超えてオルタナティブに入り交じる事を受け入れているところもある

同じようで全く違うフェイズに居る

 

肉料理sate

f:id:ftnj:20170713213648p:plain

 

 

ぜひ現地に飛んで体感したいです

f:id:ftnj:20170713213709p:plain